wNEGISHISS,DAILY コーヒー,ケニア

""マーケットニュース""



ケニアのコーヒーは,世界の一流の豆の中にランクインしました。



f:id:negishiyoshiyuki5:20180130202915j:plain


月曜日、2018年1月8日15:44 JAMES NGUNJIRI

ケニアの3つの工場が2017年には世界最高の専門コーヒー生産者にランクされ、農家はより良い収入を得ました。
フェアトレードです

広告
~~~~~~~~~~~~~[~~~~~~~~~~
IQOS アイコスの本来の味わいを取り戻す! #QOSnu(コスニュ) #アイコス専用クリーナー http://j.mp/2rM1BRd
~~~~~~~~~~~[~~~~~~~~~~~~



f:id:negishiyoshiyuki5:20180130203050j:plain




ケニアの3つの工場が2017年には世界最高の専門コーヒー生産者にランクされ、農家はより良い収入を得ます。

KirinyaのKabare農家協同組合によって生産されたKabare AAは、Coffee ReviewのTop 30のリストで100点満点中97点で4位にランクされました。

AAは、豆の大きさと肉体的な不完全性に基づくケニアのコーヒーの中で最も高いグレードです。

Riakiberu ABは95位で20位に入った。コーヒーはムラングアのカマチャリア農民協同組合によって生産されたものです。

そして、キリヤガのバラグ農民協同組合がトップ30リストの25番コーヒーに選ばれています。

一方、豆の品質を世界的に分析しているオンライン出版物であるCoffee Reviewでは、7つの工場が世界最高のランクにランクされた2016年に比べると、世界ランキングから低下しました。

Coffee Reviewによると、焙煎前に、Baraguのこのコーヒーは以前はバーボンウイスキーの熟成に使用されている,バレルで65日間保管されていた。

こちらのコーヒーレビューチームの2017年5月の試食のレポートでは、このコーヒーを熟成させた、カスケードで特別に硬化した豆のカッピングにより,最高の評価を得るために結び付けたと語っています。

世界でトップのケニヤン・コーヒーの特徴は、不透明な政府のコーヒー政策と主要なコーヒーの土地への都市侵食から,
慢性的に不安定な天候に至るまで、サブセクターに課題がある時に来ています。

有名なケニアのコーヒーオークションシステムとその参加協同組合は、世界で最もエレガントで独特なコーヒーの数々を生産し続けています。

「コーヒーレビューの目標は、いつものように品質に優れているだけでなく、特徴的でもあるコーヒーを生産するために,
重労働に対する努力をしてコーヒー焙煎業者、農家さん達、工場所有者を祝うことです。

「特に、我々は、ローストパートナーの支援を受けて、飲料の歴史のなかでこれまで存在しなかった,
幅広い感覚的卓越性と多様性を作り出している大小のコーヒーメーカーの献身を讃えたい」

過去5年間、Coffee Reviewは、チームの編集者が過去1年間に数千人のコーヒーを賞賛したトップ30のリストを発表しました。

読書:11ヶ月でコーヒーの収入は139百万㌦減少

「私たちは、品質(全体的な評価によって表される)、価値(1ポンドあたり最も手頃な価格で反映される)、スタイルの独特性、起源または樹木の多様性、証明書およびその他の要因を含むその他の要因に基づいて、30種類のエキサイティングなコーヒーとエスプレッソを選び、一般的な希少性がある」と述べた。

5年ごとに、コーヒーの専門家が上位30のリストを作成し、トップピックは単一の起源のコーヒーとなっています。

しかし、この昨年、イエメンからのコーヒーがリストに選ばれたのは初めてでした。

2016年、キリヤガのBaragwi協同組合の一員であるGuamaのコーヒー工場がそのリストを上回り、2014年と2015年の両方でパナマのコーヒー(ともにGeshaの品種の木から)が勝った。

2013年には、第1号コーヒーは例外的なエチオピアでした。

昨年は、2004年の再発見以来、珍しい、高価で一般的に素晴らしいと元のコーヒーを生産し続けているGeshaの品種の木から上位30選択のうち6つが選ばれました。

上位30のGeshaのうち5つは、パナマの農場からのものでした。

コロンビア(3)、エチオピア(3)、ケニア(3)、スマトラ(2)、ハワイ(2)、ルワンダ(2)、エルサルバドル(2)

「今年のトップ30のリストで、多くのコーヒーの成功に重要な役割を果たすと思われるものを、木の品種が引き続き使用しています。トップ6の選択肢は、Geshaの品種の樹木から生産されました。 4つは主に家畜家から生産されたもので、ケルナの最高級コーヒーを担当するバーボン関連のSL28とSL34があります。コーヒーレヴューの著者で共同設立者のケネス・デイビッズ氏は、「エコピアだけで栽培された、珍しいパーカマラ種の樹木から2頭、

トップ30のコーヒーに含まれる24のコーヒーは、米国の11の州のローストを含む米国の企業によって焼かれました。

カリフォルニアの焙煎業者は、全体で5人の代理店を持ち、数が増えています。ウィスコンシン州コロラド州コネチカット州のロースターからの複数のコーヒーが、台湾、カナダ、オーストラリア、ルワンダの企業が焙煎したコーヒーとともにリストに掲載されています。

処理方法もまた、木の品種より重要ではないが、トップ30のコーヒーを認定するのに役立った感覚の分化において重要な役割を果たすようであった。

また読んで下さい:Murang'aの不動産がコーヒー農園の710エーカーを根絶させます