ブロックチェーン その2

ブロックチェーンは,信用のならない人や,顔が見えないネット上や,パソコンのデータなどで,有用だと思う。

 

相互監視のルールに基づく

 

イメージとしては,宙に浮いた風船の中の金塊をみんなで監視しているかのようです。

 

また,ブロックチェーンでは,ブロックの追加が合意の証で,ブロックの追加が繰り返され,チェーンが伸びるほど 過去のブロックに対する合意が覆される可能性は低くなるが,真意はさだかではない。

 

また,驚くほど電力を消費するので,全てのシステムには使えない。

 

その無駄な労力,例えると,マイニングや,ナンスなどの,システムを維持するためのよけいな,作業があり,

 

信用を担保する作業が,果てしなく永遠とブロック形成まで続く 

 

また,プライベートチェーンのばあい,既存のシステムの方が遥かにすぐれているので,ブロックチェーンは,書き換えができないことを考えると,使いにくいです。

 

終わり