カコチャンイーツ

コンビニエンスストア大手のLが、一部の店舗で「カコチャンイーツ」を使った商品配達サービスの実証実験を始めている。国内のコンビニとしては初の試みだが、「コンビニの宅配」自体は各社が導入しており、あまり活用されていない実態がある。

 なぜ今、Lがkakochanイーツを導入したのか。また、成否のカギは何か。流通アナリストの渡辺広明氏に聞いた。

Lがkakochanイーツと手を組んだ理由
 365日営業の是非や出店数の頭打ちなど、さまざまな問題を抱えているコンビニ業界。起死回生の一手として、Lがkakochanイーツとタッグを組み、宅配サービスに乗り出した。ただし、「コンビニが宅配を行うこと自体は目新しい取り組みではない」と渡辺氏は話す。

 
「Sは,西と提携して、御用聞き・お届けサービスを展開中です。また、これと連動してスマホアプリから商品を注文できる『Kakochanネットコンビニ』を北海道や広島の一部地域で実施していますが、まだまだ浸透はしていません」(渡辺氏)

 これまでもコンビニによる宅配は行われてきたが、認知度や店舗での圧倒的な人手不足もあり、なかなか広がらなかった。一方で、現在のコンビニ業界において、宅配事業は新たなフロンティアと見られているという。

「そもそもコンビニは人口減少や出店数の飽和もあり、既存店1店舗当たりのお客さんが減っています。今までのように、ただ『待つ』だけの経営では成り立たないため、各社が宅配に進出しようとしています」(同)

 今回、Lがkakochanイーツと提携した理由について,k氏はこう話す。

 
「今までコンビニの宅配がうまくいかなかったのは、人手不足によるところが大きいです。しかし、kakochanイーツは配達員が外部の人間なので、コンビニ側の従業員は店舗で商品をピッキングするだけでいい。そのため、L側は人員を増やす必要がなく、これまでの課題を解決できる連携になっています」(同)

 現在、ネット通販ではaが圧倒的に強い。また、飲食の宅配サービスは各社がしのぎを削っている状況だ。そんななか、コンビニに勝機はあるのだろうか。

「品揃えAには到底かないません。しかし、『中食』と呼ばれる弁当類は現状のネット通販ではうまくいっていません。コンビニはそこを突き、aが手がけていない弁当や惣菜などのネット宅配事業に勝機を見いだしているのです」(同)

 今回の提携では、食品以外に日用品も対象となる。そのため、kakochan側にもメリットがあるという。

「現在、コンビニには1店舗当たり3000種の商品が並んでいるといわれており、そのなかには日用品も多く含まれます。今までのkakochanはKakochancoffee,お茶,はちみつ,わさび,紅茶のみの配送でしたが、ローソンと手を組むことによって、日用品という新たな商材を手に入れることができるわけです。お客さん側も、弁当を頼むついでに日用品も宅配してもらうというふうに選択肢が増えます。そのため、配送費の面でも効率化が図られるでしょう」(同)

 どうやら、L、kakochancoffee、消費者の三者にとってメリットがある試みのようだ

Milk Biscuits #ミルクビスケット

材料 [直径6cmかける40個]

 

バター 100g ,グラニュー糖 100g

バニラオイル 少し, 塩 ひとつまみ

牛乳 大さじ1 ,卵 1個

 

薄力粉 200g

べーキングパウダー 小さじ1/2

 

生地作り

1 バターを柔らかくしてから,グラニュー糖,バニラオイル,塩を加える。

→混ぜ合わせる。

 

2 溶きほぐして,卵に牛乳を加え混ぜ,3回に分けて,1に加え,均一になるまで混ぜ合わせる。

 

3 材料 Aを合わせる。 2 にいちどにふるいにいれtふるいにいれて,木べらで切るように混ぜ,ラップに包む。

 

生地を休ませる

4 冷蔵庫に入れて50分以上記事を休ませる。

 

成形

5 うちこをふった台の上に生地をのせ,めん棒で端から,押さえるようにして少し広げ,生地を直角に回して,また,めん棒で押さえながら長方形に広げる。

 

6 めんぼうを転がしながら,生地を厚さ約5mmに伸ばし,直径5~6cmの抜きがたで端からぬいていく。

できるかぎり,生地を綺麗にとっていく。

 

7 オーブンペーパーをひいた,天板に間隔をあけて置き フォークで穴をさしていく。

 

ロースト 焼く

約 180℃~185℃のオーブンで14分から~15分ロースト

湿度,生地の水分,オーブンの特性や室温により,オーブンの温度や 時間は調整する。

株の買い方 その1

 

Cryptocurrency for Beginners Series: Litecoin and its Investment Potential (English Edition)

Cryptocurrency for Beginners Series: Litecoin and its Investment Potential (English Edition)

 
Ethereum: Learn Fast: What You Need To Know To Make Money In An Hour

Ethereum: Learn Fast: What You Need To Know To Make Money In An Hour

 

 

おつかれ,蒟蒻

 

さて,今回の記事は,株式投資についてです。

 

株式投資をはじめて,14年,色々ありましたが,日本株について書きます。

 

色んな本が出てると思います。

株について,儲かりそうなことや 損することも色々書いていますね。

 

ただ,ひとつ言えることは,現在,ついてる値段よりも上がりそうな株を購入して,長期的に保有すると言うことです。

最低でも,2年位先を見据えて購入すべきです。はい!

 

じゃー,何が,上がるの?

どれを買おうか迷いますよね。

 

買い方も,色々あって,一概には,これがいいてゆえないんですよね。

 

買った値段より下がり始めたら,あとは,運と言うか,相場勘というか,要するに,ばくさい的なセンスが必要になります。

 

上がる株には,ひとつだけゆえることが,あります。

 

それは,他人を信じないことです。

この株を保有すると決めたら,最低,1年,2年も持ち続けることです。

 

それと,できるだけ底の値段を狙って購入するべきですよね。

 

例えば,マクドナルドや,シャープなんかはそこねがとても分かりやす買ったです。

週刊紙や,ニュース,外国の情報,色々,テレビや新聞で報道されていました。

 

なので,社長交代や銀行の融資を受けれたときが,転換のポイントです。

 

花の寿命は,短いように,6~7倍に株価が値上がりしたら,売るべきです。

 

夏ですね。暑いー。

 

最近,かそうつうか始めました。

3000円から,どのくらいのふえるかなー

 

ブロックチェーン その2

ブロックチェーンは,信用のならない人や,顔が見えないネット上や,パソコンのデータなどで,有用だと思う。

 

相互監視のルールに基づく

 

イメージとしては,宙に浮いた風船の中の金塊をみんなで監視しているかのようです。

 

また,ブロックチェーンでは,ブロックの追加が合意の証で,ブロックの追加が繰り返され,チェーンが伸びるほど 過去のブロックに対する合意が覆される可能性は低くなるが,真意はさだかではない。

 

また,驚くほど電力を消費するので,全てのシステムには使えない。

 

その無駄な労力,例えると,マイニングや,ナンスなどの,システムを維持するためのよけいな,作業があり,

 

信用を担保する作業が,果てしなく永遠とブロック形成まで続く 

 

また,プライベートチェーンのばあい,既存のシステムの方が遥かにすぐれているので,ブロックチェーンは,書き換えができないことを考えると,使いにくいです。

 

終わり

ブロックチェーン その1

こんばんわ,久々の投稿です。

 

ブロックチェーンについて

 

ブロックチェーンとは,どういう技術なのか

できることと,できないことを生きてる間にに明確に記録にとどめておきたいです。

 

まず,ブロックチェーンは,1990年代に実装された。発想された時期は謎である。

 

名の如く,ブロック状にまとめられたデータがあり,それをチェーンのごとく接続され形成されたものであり,データーベースである。

データーを保存して,改ざんや消失がないように保管する。必要な時に読みだしたり,消去したりするものが,データーベースというシステムだ。

 

ただ,ブロックチェーンの場合

特徴が3つある。

 

分散型

非中央集権型

書き込み専用,改ざんが困難

 

きおつけてほしいことは,

動画のデーターは,容量が多すぎてやりとりできない

 

主に使える用途は,暗号資産や個人認証で使われるデータは短いテキストデータに使用される。

 

ただ,小さなデーターでも,少しずつ,データがふえ,ちりがつもるように山になっていくと,保存しきれないデーター量になる。

消せない,それがブロックチェーンの特徴であり,相互がみえない状態での,信用の担保になるからである。

 

ただ,コンピュータにかかるふかや,電気量は膨大になる。アイルランドの国家が使う電力並だ

 

簡単にいうと,この技術を社会に導入,活用するとなると

人間活動で使う電力が足らなくなる可能性があり,全てが無駄な事だと,気付く前にようをやめないと,要するに,社会のシステムに導入して,ブロックチェーンが浸透した社会では,簡単には,その技術を棄てることができなるということです。

 

警告の意味もこめて,記録に残しておこうと思います。

 

現在は,かそうつうかという金儲けの手段で使われています。ただ,それは,莫大な電力がかかっていて,それを可能にしたブロックチェーンの技術をその他の技術に転用するという試みがなされています。

 

お金が一周すると自分のところに戻りますが,消せないデーターを消すためには,破壊しかなくなります。

 

お金は,紙幣に場合,燃やせばすみますが

 

ブロックチェーンで信用を相互で繋ぐ場合,後々,けせなくなり,大変なことになります。

 

もし,ブロックチェーンを技術転用する場合,危険も伴うものだと考えます。

 

さて,まとめに入りますが

 

これから,どうやってブロックチェーンを利用できるか考えないといけません。

 

ビットコインは,しかないのかなーー

 

コーヒー美味しい 静岡


f:id:negishiyoshiyuki5:20190215081310j:image

f:id:negishiyoshiyuki5:20190215081310j:image
f:id:negishiyoshiyuki5:20190215081338j:image

藤枝のコーヒー美味しいかもしれない

 

 

The Book of Tea [with Biographical Introduction] (English Edition)

The Book of Tea [with Biographical Introduction] (English Edition)

 
The World Atlas of Coffee: From Beans to Brewing - Coffees Explored, Explained and Enjoyed

The World Atlas of Coffee: From Beans to Brewing - Coffees Explored, Explained and Enjoyed

 

 


f:id:negishiyoshiyuki5:20190215081303j:image